キャンセル&中断患者ストップ!「中断・キャンセル予防セミナー」初開催ゆえ、満席が予想されます。申し込みは今すぐ!

お申し込みはこちらをクリック

アポ帳を1ヵ月先まで予約でいっぱいにする。しかも、単に埋めるのではなく、良い患者さんだけで

デントランスの歯科医師の黒飛です。

私も医療法人・歯科医院を経営していますから、院長先生がどんな時に心穏やかで、
どんな時にストレスを感じるか。

あなたと同じように体感しています。

特に、キャンセルでせっかく隙間なく埋まっていたアポ帳が空いてしまった時。

治療計画をしっかりと考えていた患者さんに突然、中断された時。

歯科医院の診療点数が減ってしまうこと、
不要な経費がお金として出ていってしまうこともそうですが、
キャンセルや中断患者の分だけ見えない経費が増えてしまいます。

その見えない経費とは、先生やスタッフのストレスマネジメントなどです。
目に見えてお金が出ていくわけではありませんが、先生やスタッフの時間や労力を奪っていきます。
(少しくらいのキャンセル、中断は仕方ないと振る舞っていた僕も、さすがにこれが続くとストレスで爆発しそうでした...)

キャンセルや中断患者の問題は、私たちが考えている以上に多くの問題をもたらしてしまうものです。

せっかく先生がホームページや紹介で新患を集めても、
穴の開いたバケツに水をいれるようなもの。

今から私に3分ください。

先生の歯科医院のキャンセルと中断患者という穴を
限りなく小さくする方法を、お伝えします。

歯科医師 黒飛 一志(くろとび かずし)

株式会社デントランス代表取締役

平成16年、大阪大学歯学部卒業、
平成22年に大阪市にあおぞらデンタルクリニックを設立、
翌年、医療法人化。

平成25年に株式会社デントランスを設立し、
現役歯科医師・歯科医院専門の経営コンサルタントとして、
300以上の歯科医院のマネジメント、マーケティング指導を行い、
コンサルティングした歯科医院の売上は大半が1億円を突破している。

患者さんを集める集患・増患といったマーケティングのサポートと同時に
歯科技術レベルの向上や歯科スタッフの対応力の向上といった
歯科医院のマネジメントもサポートしている。

自身が経営する歯科医院、
またコンサルティングを引き受けるクライアント歯科医院では、
アポ帳が1ヵ月先までいっぱいに。
再現性のある手法をクライアントに伝えるため、現場の肌感覚も大切にしている。

競争激化の歯科業界にはびこる死に至る病

今では多くの歯科医院がホームページを持ち、集患に力を入れるようになりました。

歯科医師という国家資格を持つ立場であるとはいえ、
歯科業界は日本でもっとも競争の激しい業界の一つと言われています。

先生もセブンイレブンやファミリーマート、ローソンなどのコンビニエンスストアに行くこともあるかと
思いますが、歯科医院の数はコンビニエンスストアよりも多いことをご存知でしたか?

その数、68,000医院以上です。

そんな激しい競争率のなかで、キャンセルや中断患者が発生し続けたら、どうなるでしょう?

今よりもたくさん発生し続けたら、どうなるか?想像してみてください

現在、都市部においてはコンビニエンスストアが一つあれば、
そこから見える範囲に1つや2つのコンビニエンスストアがあるような状況です。

セブンイレブンからファミリーマートに行くように、
歯科医院も患者さんは他の歯科医院に奪われてしまう、ということです。
日用品ならまた戻ってくることもあるでしょうが、
歯科医院の場合は気軽には戻ってこないでしょう。

先生がせっかく新患を集めても、キャンセルや中断患者という「穴」がある以上
アポ帳が埋まることはなかなかないのは、そういう理由です

1日に3人のキャンセルがもたらす損失は1年に400万円

キャンセルを減らし、中断患者を減らす。
これらができてはじめて、新患マーケティングが活きてきます。
先生のアポ帳を予約で一杯にしてくれます。

1日に3人のキャンセルがもたらす損失は1年に約400万円です。

仮に1日3人のキャンセルが発生、また中断患者が発生したとしましょう。

歯科医院における1日のキャンセル率は、「10%」程度が一般的とされています。

仮に1日の患者数が30人の場合、
キャンセル人数が4人以上だと10%を超えますから多いといえます。
一方で、1日の患者数が30人に対し、3人のキャンセルであれば、妥当な人数といえそうです。

では、1日3人のキャンセルが毎日発生したら、
1年でいくらの損失になるか、先生はご存じでしょうか?

1ヶ月にするとおよそ33万円。1年にすると、396万円と言われています。
(単価5,000円×3人=15,000円。 実日数22日で33万円。)

約400万円の損失が生まれている、ということです。

院長として、年間400万円の使える資源があれば、一体何に投資できますか?
(一人の優秀な常勤衛生士を雇えます。そうすれば、いくら生み出すのでしょうか)

だからこそ、キャンセル対策や中断患者減少策に取り組む。しかし…

歯科医院の二大問題と言ってもいいほど、「キャンセル」と「中断患者」の問題は院長を悩ませます。

アポ帳が埋まらない、またせっかく埋まったアポ帳がドタキャンで穴が空いてしまうことに、
大きなストレスを感じませんか。
このまま借金は返せるのだろうかと不安を感じる先生もいるでしょう。

院長だけではなく、勤務医や衛生士、受付たちスタッフも、急なキャンセルにストレスを抱え、
空いた暇な時間に何をすれば、給料をもらっているという罪悪感を減らせるのか考えているのです。

そんな事情があるので、
「キャンセル対策」と「中断患者減少策」は、これまでもよく歯科業界で語られてきた悩ましい内容でした。

しかし、一般的にキャンセルを減らし、中断患者を減らそうとしても、
「こうすれば改善される」という方程式が見つからなかったのです。
だからこそ、昔から語られてきた内容でもあります。

受付スタッフに患者へのメール連絡をお願いしても、予約日前の電話をお願いしても、
定期健診のハガキを工夫したところで、効果を体感できない。

あなたもそう感じているのではと黒飛は考えています。

実のところ、リマインドメール(SMS)や予約日前の電話は
キャンセル防止、中断患者減少に貢献しています。

心理学的に人は、
「一度交わした約束を守ろうとする」という一貫性の法則が働くものですし、
繰り返し接触することで親近感が生まれるザイアンス効果から見ても、
患者は歯科医院から嫌われたくない、と思うものです。

患者にインタビューをしてみても、
リマインドメッセージがあったから予約どおり来院した、
という話をたくさん聞きます。

患者連絡をスタッフ頼みにする「考え方」これが、問題なのです。

うなずく先生もいらっしゃると思いますが、歯科医院におけるアポイントの問題というのは
そのほとんどが、スタッフによるミスが原因です。

キャンセルや中断患者の発生も例に漏れず、スタッフがリマインドメールを送り忘れた、
予約日前に電話を入れ忘れた、というスタッフのミスが原因の一つです。
(先生は覚えていますが、スタッフは全然覚えていない…これ頻繁に起こります)

この患者さんにはこういう連絡をしてくれ、この患者さんにはアポイントの期間を延ばしてくれ…
と言った施術する院長だからわかる、患者さんごとの対応の違いも、スタッフには伝わらない。

ではいったい、どうすればキャンセルや中断患者を減らすことができるのでしょう?

スタッフの優秀さや教育に頼らずに、キャンセルや中断患者を減らす。

その答えは、私がコンサルティングのクライアントの院長先生に
これまで伝え続けてきたことの中に、すでにありました

これこそ、私、黒飛が試行錯誤の中から実際に多くの歯科医院経営で試し続け、
発見したキャンセル対策、中断患者減少策です。

いよいよ、紹介します・・・

『キャンセル&中断患者ストップ! 中断・キャンセル 予防セミナー』です。

セミナーに申し込む

キャンセル&中断患者ストップ!「中断・キャンセル予防セミナー」東京・大阪・名古屋・福岡にて開催!歯科医院経営者(院長)・各先着25医院限定(参加者のみ特典もプレゼント)

お申し込みはこちらをクリック

キャンセル防止と中断患者減少は、院長先生や特定のスタッフだけで取り組むものではありません。

普段から自然と呼吸をするかのように、歯科医院の経営自体に染み込ませる必要があります。

デントランスではキャンセル防止と中断患者減少を仕組み化するために、
3つのステップが必要だと考え、取り組んできました。

このセミナーでは、
実際に多くの歯科医院で私、黒飛がアポ帳を1ヵ月先まで埋め続けてきた方法を紹介します。
(しかも単にアポ帳をいっぱいにするのではなく、先生の望む患者さんで一杯にするのです)

キャンセルと中断患者をストップする3つのステップ。

順にお伝えしていきますと…

第1のステップは「患者の期待値のコントロール」

同じ治療、定期健診を提供しているのに、歯科医師や衛生士により、
患者さんの満足度が違うと感じたことはありませんか?

事実、コンサルティング先の歯科医院でも、私が経営する歯科医院でも、
キャンセルや中断患者が少ない歯科医師や衛生士は、
患者満足度が高いことがわかっています。

力量は同じなのに、なぜ患者満足度が異なるのでしょう?

その答えは、「期待値のコントロール」にありました。

例えば行列ができる飲食店に並んでいるとき、
「これだけ並んでいるのだから美味しいに違いない」と期待が高まります。

しかし実際に食べてみると、
「それほどでもなかったな…わざわざ並ぶほどではないか」となることもよく聞く話です。

事後評価が下がっているからです。

この場合、「事前期待>事後評価」となり満足度は下がります。
期待感が高かった分だけ、残念な思いをする、ということですね。

一方、行こうと思ったお店は並んでいるから、その隣の空いているお店に入った。
すると、意外に美味しかった、という場合はどうでしょう。

「事前期待 < 事後評価」

という関係になりますから、満足度は高くなります。

そして満足度が高まることで、リピートされるようになります。

歯科医院の場合で考えると、キャンセルや中断患者が減る、ということです

ではいったい、どうすればいいのでしょう?

事後評価は患者さんがするものですから、
歯科医院にできることは良いサービス、良い技術を提供することだけです。
(ここは多くのコンサルタントが言うところだと思います)

コントロールできるのは、「事前期待」。具体的には…

次へ

チェックホームページでうっかりこんな言葉を使っていませんか?

新規の患者さんにとって、歯科医院を知る最初の入口はホームページ。

いくつかのホームページを見比べてから、ひとつを選んで予約をします。

例えばある患者さんが「待ち時間ゼロ」という言葉にひかれてその歯科医院を予約したとしましょう。

しかし実際に来院したところ、3分間待たされたとしたら?
「事前期待>事後評価」なので、患者満足度は下がります。

ここではホームページでありがちな、事前期待を高めすぎてしまう言葉について、お話します。

チェック治療前の事前説明の表現だけで患者満足度は変わります

例えば、先生は同じ表面麻酔をするのですが、その事前の説明を
「痛いですよ」というのか「チクッとします」というのか「痛くないですよ」というのかにより、
事前期待は異なってきます。

キャンセルも中断も患者さんの患者満足度をコントロールできれば、激減させることができます。
そのために期待値をコントロールするのです。

先生の治療技術は同じでも、たったこの「期待値のコントロール」だけで
患者満足度が変わる、これを体得してもらいます。

チェック患者満足度アップにスタッフ満足度が大切なのはなぜ?

そして患者満足度アップには、スタッフ満足度も高める必要があることを、ここではお話します。

アポミスなどを完全に防ぐことはできないものですが、スタッフ満足度が高まることで、
結果的に減らすことは可能です。

ここではその方法をお話します。

患者の期待値のコントロール
第2のステップは「院内環境の改善とスタッフモチベーション」

歯科医院経営というビジネスモデルは、決まっている診療時間にどれだけ効率よく
予約を入れるか。また、スタッフを効率良く動かすか、により成否が決まります。

そのためには、アポイントの取り方やその環境を整備すること、
また、アポイントを取るスタッフや患者さんと関わるスタッフがしっかりとキャンセル、中断を
減らそうとするモチベーションアップが大事です。

どのようにして、環境整備とスタッフのモチベーションを上げるのか?具体的には…

次へ

チェック歯科医院での最も効率的、効果的な予約の取り方と対応方法

どんなに頑張っても、残念ながらキャンセルがゼロになることはないので、
予約を取る時点で、キャンセルがあったときのリスクヘッジをした予約の取り方を
することで、歯科医院経営における利益の最大化が可能となります。

また、中断患者が発生するには理由があります。
その理由を分析し、対応することで、中断を論理的に、また具体的に減らすことができます。

セミナー後、すぐ試してください。

チェック院内の人間関係をより強いものにする秘密

結局のところ、患者さんと関わるスタッフがキャンセルを減らそうとする、
中断患者を減らそうとするモチベーションのためには、院長とのより強い人間関係が必要です。

では、短期的に人間関係を良好にし、それを長期的に、
そしてより強いものへとしていくためには、何をすれば良いのでしょうか。

スタッフ間の人間関係を、より強いものにする秘密。
それはスタッフの離職率を下げるだけではなく、キャンセルや中断患者の減少にも関わってきます。

ここではその方法についてお話します。

患者の期待値のコントロール
第3のステップは「システム化・仕組み化」

患者さんの期待値のコントロールを行い、アポイントの取り方を工夫、
中断にならないための患者対応をする。

確かにこれができれば、キャンセルや中断は激減するでしょう。

しかしながら、これらの対策は、先生の医院に優秀なスタッフがいるときにはできるが、
そうでない時には、なかなかできないという、ヒトに頼った部分が多くあります。

そうすると、いつまでたっても仕組みになりません。

そこでこのステップでは、ヒトに頼らない、キャンセル防止や中断患者減少策となる
システム・仕組みの紹介をします。

具体的にはこのようなお話をしつつ、仕組みを紹介できれば。

次へ

チェックリマインドメール(SMS)が効果を発揮するタイミングはココ

予約日の1日前に送ったほう良いのか、
それとも3日前に送ったほうが良いのか、ご存じですか?

人に考えさせてしまうと、主観的に考えた結果
「リマインドメールを送らなくてもいいか」
となる場合もありますが、送る送らないに主観は関係ありません。

成果が出るタイミングで、しかるべきリマインドメールを送る。

では、どうやって?

チェック中断患者対策の前にやるべきことがあります!

実は、中断患者対策は「やり方」ですから、誰にでもやってもらうことが可能です。

しかし中断患者対策を実行する前にこれをやっておかないと、
時間もスタッフへの給料も、浪費するだけで終わります。

それは、「中断原因と見込み中断患者の洗い出し」です。

ではいったいどうやって、その原因と見込み中断患者の洗い出しをカンタンに行うのか?

その方法は…

チェック仕組み化に必要なことは、人の手から放すこと?

キャンセル防止や中断患者減少策を仕組み化、システム化して、誰でもできるようにする。

そのために必要なことは、人の手でやることと、それ以外のやることを分けることです。

まず大切なことは「手放すこと」からはじめること。

それはなぜか、お話します。

患者の期待値のコントロール

セミナーは東京、大阪、福岡、名古屋で各会場、25医院限定での募集になります。

キャンセル対策と中断患者減少策を、近い距離でお伝えし、すぐにでも実践してもらうため、
少人数での開催が適切と考えました。

今回のセミナーは初開催であること、
また歯科医院の悩み二大テーマであることから早期の満席が予想されます。

今すぐ申し込み、手帳に
「キャンセル&中断患者ストップ!中断・キャンセル 予防セミナー参加」と記しておいてください。

キャンセル&中断患者ストップ!「中断・キャンセル予防セミナー」初開催ゆえ、満席が予想されます。申し込みは今すぐ!

お申し込みはこちらをクリック

先生が長年、悩んでいたキャンセルと中断の問題が解決する。このセミナーにいくらの価値を感じますか?

今、こうしている間にも先生の医院の銀行口座からお金が減り続けている。

この穴を埋めるためには、
「キャンセル対策」と「中断患者減少策」の実行を今すぐやらなければなりません。

しかも、効果のある実証済みの方法で。

1日3人のキャンセル、また中断患者の発生が1ヶ月続くと30万円以上の損失。

1年だと400万円弱の損失です。

仮に1日3人のキャンセルが2人に減少した。
一般的なキャンセル率といわれる10%から7%にまで減少したとなれば、
1年間で100万円が新たに銀行口座に蓄えられることになります。

2年3年5年10年と継続していく経営から考えると、
1年間で100万円のお金が銀行口座に蓄えられるということは、10年で1,000万円です。

コレは早急に手を打つべき課題だと私は考えました。

では、解決策がその場でわかる、「中断・キャンセル 予防セミナー」に、
院長先生はいくら支払いますか?

40万円ではいかがでしょう。

これは私、黒飛のプライベートコンサルティングを受けた場合の1ヶ月あたり報酬です。

キャンセルが減り、中断患者が減る。

コレだけで歯科医院経営を改善できますから、コンサルティング報酬と同額でもいい、
と考えられる先生もいるでしょう。

しかし…すでにコンサルティングを受けている先生からすると、
本セミナーの話は聞いたことがある内容で、すでに改善していることでもあります。
それに、コンサルティングでは他のテーマについてもお話しています。

ですからコンサルティング料金と同じにしては、さすがにどうか…、と思いました。

そこで今一度、なぜ私がこのセミナーを開催したいのかを考えてみました。

それは、キャンセルを減らし、中断患者を減らすことで、
歯科医院経営に悩む院長先生をストレスから少しでも解放したいからです。

なるべく多くの先生に役立ててもらいたい。そう考えています。

そこで、本セミナーの参加費を、19,800円にてご案内します。

さらに、本セミナーは初めての開催です。

参加された先生の声をたくさんいただきたいという希望もありますので、今回19,800円ではなく、

1万円(税込)

にて、ご案内いたします。

ただし、くれぐれもご注意下さい。
各会場、25医院限定、先着順です。

「中断・キャンセル 予防セミナー」へのお申込みは
今すぐ次のボタンをクリックし、必要事項を記入してお申し込みください。

キャンセル&中断患者ストップ!「中断・キャンセル予防セミナー」東京・大阪・名古屋・福岡にて開催!歯科医院経営者(院長)・各先着25医院限定(参加者のみ特典もプレゼント)

お申し込みはこちらをクリック

セミナー会場は以下の4会場です

東京セミナー開催日は、
2018年10月14日(日)/ 2019年2月17日(日)6月30日(日)10月20日(日)

◎ 東京駅前会場

日時 : 2018年10月14日(日)13:00~17:00
2019年2月17日(日)6月30日(日)10月20日(日)※すべて13:00~17:00
受付時間 : 12:30~
ショート懇親会 : 17:30~18:30(会費2千円)

場所 : JR東京駅前 徒歩圏内 会議室(参加者に詳細をお伝え致します)
費用 :  19,800円 → 1万円(税込)

人数 : 25医院限定  ※院長先生(歯科医師)限定

大阪セミナー開催日は、
2018年10月21日(日)/ 2019年2月24日(日)4月21日(日)6月9日(日)

◎ 新大阪会場

日時 : 2018年10月21日(日)13:00~17:00          
2019年2月24日(日)4月21日(日)6月9日(日)※すべて13:00~17:00
受付時間 : 12:30~
ショート懇親会 : 17:30~18:30(会費2千円)

場所 : JR新大阪駅前 徒歩圏内 会議室(参加者に詳細をお伝え致します)
費用 :  19,800円 → 1万円(税込)

人数 : 25医院限定  院長先生(歯科医師)限定

名古屋セミナー開催日は、2019年10月6日(日)

◎ 名古屋会場

日時 : 2019年10月6日(日)13:00~17:00
受付時間 : 12:30~
ショート懇親会 : 17:30~18:30(会費2千円)

場所 : JR名古屋駅前 徒歩圏内 会議室(参加者に詳細をお伝え致します)
費用 :  19,800円 → 1万円(税込)

人数 : 25医院限定  ※院長先生(歯科医師)限定

福岡セミナー開催日は、2018年8月26日(日)/ 2019年4月7日(日)

◎ 福岡会場

日時 : 2018年8月26日(日)13:00~17:00           
2019年4月7日(日)13:00~17:00
受付時間 : 12:30~
ショート懇親会 : 17:30~18:30(会費2千円)

場所 : JR博多駅前 徒歩圏内 会議室(参加者に詳細をお伝え致します)
費用 :  19,800円 → 1万円(税込)

人数 : 25医院限定  ※院長先生(歯科医師)限定

もちろん、ショート懇親会もご用意しています

会費2千円で、お食事、お酒を交わしながら
セミナーではお話ししきれなかったことや個別のご相談にもお答えします。

これはオフレコの話かもしれませんが・・・

セミナー参加者に
「セミナーでもっとも価値あることは何ですか?」と聞いたところ、
「懇親会に参加することです」と答えられる方も数多くいらっしゃいます。

その理由はと確認すると、
セミナー自体で聞けなかった講師の本音、秘訣中の秘訣がポロっと出ることもあり、
これこそ他の歯科医院を出し抜ける秘密だから、とのことです。

食事やお酒を楽しみながらの懇親会は気さくにお話ができる場でありますし、
毎回、懇親会のお話がすごくためになったと参加者様からは大好評を頂いておりますので、
ぜひ懇親会にもご参加ください。

このセミナーは、院長先生だけでなく、実際に患者さんと向き合うスタッフ1名を同伴させることが可能です

ただし、一つだけ条件があります。

今すぐ、お申込みください。
なぜなら 25医院限定セミナーのため、すぐに埋まってしまうことが予想されるからです。

お申し込みは今すぐ、お問い合わせフォームに必要事項をご記入の上、
「申し込みボタン」を押して下さい。

そして、スケジュール帳に今すぐ、セミナー日時を記入して下さい。

キャンセル&中断患者ストップ!「中断・キャンセル予防セミナー」初開催ゆえ、満席が予想されます。申し込みは今すぐ!

お申し込みはこちらをクリック

今、先生の目の前には2つの道があります。

1つは、ここで紹介した方法をご自身で試し、キャンセル対策と中断患者減少策を実践してみること。

時間がある先生であれば、オススメです。

労力対効果は、とても大切な経営上の指標ですから。

もう1つは、「中断・キャンセル 予防セミナー」に参加し、黒飛の体験から体系化した対策を学び、
実践することです。

具体的なステップでお話しますから、セミナー後はそれを実行するだけで済みます。

経験をもとにした対策を具体的にお伝えしますので、時間を有効に活用することができます。

与えられている時間はみな等しく24時間です。

この時間をどう活用するのか?どこに時間を投資するのか?

これは歯科経営を優良にするか不良にするかのカギを握るほど、大切な考え方であり、技術でもあります。

そしてこうも言います。

時は金なり。

歯科医師として、院長先生という経営者として、
あなたはどちらの道を選択しますか?

決めるのは、あなたです。

お役に立てば、幸いです。
ありがとうございました。

株式会社デントランス歯科医師黒飛一志

キャンセル&中断患者ストップ!「中断・キャンセル 予防セミナー」お申込みはこちら

医院名 ※ (例) デントランス歯科医院
お名前 ※ (例) 黒飛 一志
電話番号 ※ (例) 0120-648-075
メールアドレス ※ (例) info@dentrance.jp
セミナー会場選択 ※
参加人数 ※ 院長先生お1人 院長先生+スタッフ1名
ショート懇談会 ※ 参加 不参加 未定
一言コメント

※注):ショート懇親会の会費(2千円実費)は当日会場でお預かりします